けべの検証系がうざい・嫌いな人は多い?身長や本名・名前の由来も!

けべさんはヒカルさんのNext Stageに入ることを夢見て、検証系や大食い動画をYouTubeに投稿しており、特にショート動画が人気となっています。

しかし、登録者30万人以上もいる人気の割には、けべが嫌いだというアンチコメントを見かけますが実際どうなんでしょうか?

けべの検証系動画がうざいという検索ワードが出てくるくらいですから何か理由があるのでしょうか?

けべというユーチューバーが気になったので調べてみました。

ユーチューバー「けべ」のプロフィール

「けべ」さんの生年月日は、2002年1月2日生まれで年齢は21歳(2023年5月時点)と若い!

兵庫県出身であるとTwitterプロフィールに書いてあります。

関西弁でマシンガントークが「けべ」の特徴でしょうか。

ときどき速すぎて何を言ってるのかわからないときがありますが・・・

けべさんの動画は、「明石海峡大橋」の映像が度々使われていることから、けべさんの生活拠点は、明石大蔵海岸近辺ではないかと推測できます。

「けべ」さんの身長に関しては非公開となっています。

動画を見た感じだと「けべ」さんは低身長ではない感じがします。

女優の重松文さんと映っているインスタ画像が投稿されており、ほぼ同じくらいの身長でした。

重松さんの公式プロフィールによると172cmということなので、けべの身長もそのくらいだと思います。

「けべ」さんが通った大学について、正確な情報は公表されていません。

下記の動画の前期の成績表の中に書いてある「神戸学院大学」ではないかと推測できます。
Youtube『Fラン大学生の前期成績がやばすぎて早くも留年確定?!』

大学生活で熱中できるものがほしくて、好きなYouTubeをやると決心して大学中退したそうです。

大学の授業についていけなくなって逃げたのか、Youtubeをすぐにでもやりたくなったのかはわかりませんが、ユーチューバーとして今後は頑張ってほしいですね。

けべの名前の由来

けべのYoutube質問コーナーで名前の由来について回答していたが、ノリでつけた名前なので、特に理由はないらしい。

昔からゲームとかで登録する名前につけたりしていたとのこと。

けべ本人はそう言っているが、僕の見解は、Youtube好きのけべが「ようつべ」という言葉を意識していたのではないかと思っています。

つべという言葉からインスパイアされて、けべと名前をつけたとしても不思議ではない。

けべの元相方

現在は1人でYouTube活動をしている「けべ」さんですが、1人になる前の2020年7月から2022年の8月まで「鬼殺しダビッドソン」という2人組のYouTubeチャンネルとして活動していました。

元相方のたまちゃんさんは、下記の投稿から「けべ」さんの小学生時代からの友人であることがわかります。

たまちゃんさんはYouTube活動する前から、期限付きの活動だったらしく仲間割れとかで解散したわけではありません。

けべの検証系がうざい・嫌いな人は多い?

カップヌードルは底まで麵が入ってないのでは?というけべの人気検証動画がありますが、

「そんなこと有り得ない」と不思議に思ったけべはカップの底を切って検証しています。

底まで麵が入ってないことは割と有名な話なので、知っている方のほうが多いのではないでしょうか。

それに対して、けべの検証系がうざいと思っているアンチコメントがこちら。

Aさん
Aさん

無知ほど可哀想なものは無い。

Bさん
Bさん

自分が無知なだけなのに企業努力を詐欺みたいな言い方すんのやめなよ

Cさん
Cさん

ネタとかでも無知って怖いなって教えてくれるいい動画。

かなり辛辣なコメントが並んでいました。

他にも、「けべさんの動画を見てると腹痛が止まりません」という視聴者からのコメントを紹介したショート動画にて、けべは「腹痛になってコメントしているってことは今トイレにおるの?」とつっこむ内容に対しては、こんなアンチコメントが・・

Dさん
Dさん

けべさんの動画を見ると心臓麻痺が起こるけど頑張っていつも見てます!

Eさん
Eさん

けべさんの動画をみたら、友達が減りました

など、けべが動画を投稿するたびにアンチ勢が反応するという結果になっていました。

ただ、誤解してほしくないのは、圧倒的多数のコメントは「けべの動画は面白い」という内容であるということ。

その証拠に、けべのチャンネル登録者数は勢いよく伸びています。

アンチコメントが増えるのは人気者の宿命みたいなものですから、けべも理解しているのではないでしょうか。

むしろ、アンチコメントをネタへ変換しているけべの技量はさすがと思わざるを得ない。

まとめ

けべの検証系がうざいと感じているアンチ勢は一定数いるみたいですね。

しかし、それにめげずに、アンチコメントをネタにして面白い動画へ変換している点は、けべさんのなせる業だと感じました。

もしかしたら、それが面白いからアンチコメントをしてしまうのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました